スノコで簡単にできるマガジンラック 図面公開

スノコで簡単にできるマガジンラックをご紹介します。
先日、テレビでDIY特集をやっていて、紹介されてたものです。
ただ、番組では時間の関係もあるでしょうが、説明があまりなされていなかったので、
詳しく解説しようと思います。

まず、完成写真をご覧下さい。
スノコでマガジンラック完成写真
どうでしょうか?
スノコで作ったとは思えないでしょ。今回は塗装はしてませんが、オイルステインなどで塗装を
すれば、さらに見栄えがすると思いますよ。

しかも、材料費は、700円~900円程度です。

では、次に図面をご覧下さい。
スノコでマガジンラック図面
色が付いている部分が、スノコに取付ける部材を示しています。
これを見ても、作業工程が少ないことが分かると思います。

材料ですが、
既製品のスノコ
既製品の木製棚受け(20cmX20cm程度) 2本
 (棚板を固定するL型アングルの木製のものがあります)
6cmX2cm程度の木材Xスノコ巾     2本
ビス 15mm程度            4本
木工用ボンド             適量
以上です。

どれも、ホームセンターで揃うものばかりです。

それでは、作り方を解説します。

スノコの表面に木製棚受けを

まず、スノコの表面に脚となる木製の棚受けを取り付けます。
スノコでマガジンラック図面2
図面にあるように、スノコの下から7cm程度のところに、棚受けを取り付けます。
鉛筆等で、取り付け位置を印をつけておきます。

棚受けに木工ボンド
次に、取付ける棚受けに、木工ボンドを付け、取り付け位置に持っていきます。



棚受け固定
棚受けには、大抵ビス穴が空いているので、その穴を活用してビスで固定します。
今回の棚受けは厚みが9mmでスノコが8mmなので、合計17mmです。
ですので、15mmのビスを使いました。

写真では、インパクトドライバーを使っていますが、手回しのドライバーでも十分
可能です。

ビスが小さいので、しっかり固定できないかもしれませんが、木工ボンドが固めれば
外れることはないので、ボンドが固まるまで待ってください。


棚受け固定2
同じように、もう1本も同じように取り付けます。


表面の作業はこれで終了です。


裏面に雑誌を引っかける木材を

次は、裏面に雑誌を引っかける木材を取り付けます。
裏面に雑誌の引っかけ部分を
スノコの裏面には、板と板をつなぐ桟がついていますので、その桟を活用して
雑誌を引っかける木材を取り付けます。

木材は、どんなのでも良いのですが、今回は6cmX2cmの木材を使っています。
木材は、桟と同じ長さに切っておきましょう。


桟に木材
木材の用意ができたら、桟の方に木工用ボンドを塗ります。
そこに、木材を当てるだけです。

桟に木材2
固定方法は、ボンドのみで十分なのですが、ボンドが固まるまで、動いてしまうと思います。
ですので、仮釘やマスキングテープ等で動かないようにしておいてください。


これで、完成です。
どうですか?
簡単だと思いませんか?
実際、とっても簡単でした。
作業時間はだいたい20~30分ほどだと思います。


スノコでマガジンラック完成写真2

youtubeにも、作り方の手順を載せてますので、参考にしてください。
スノコでマガジンラック_youtube