簡単なワゴンの作り方と図面

比較的簡単に出来るワゴンの作り方をご紹介します
ワゴン完成写真

この写真では、無垢のフローリングを天板に使っていますが、15mm程度の板であれば、集成材等なんでも良いかと思います。

ではまず、図面をご覧下さい
ワゴン図面1
(図面を右クリックして”名前を付けてリンク先を保存を選択すると図面をダウンロードできます(pdf))



図面を見ると、難しく感じるかと思いますが、パーツ別に見るとわかりやすいと思います。

ワゴン図面_天板

まず、板を300x500でカットします。今度は、40x27の部材を300にカットし、両サイドに取り付けます。
これは、天板・中段の図面ですが、底板も基本的に同じ形のなので、4つ同じものを作ります。

ここまでできたら、柱として、40x27を800にカットしたものを4本用意します。
その柱に棚板の取付け位置に印をつけます。
ワゴン柱
この写真のように、材料を揃えて、差金等で、一度に4本共に印をつけると、楽にできます。

この柱を順番に取り付けていきます。

柱取り付け方
このように、クランプで棚板に取り付けた下地材と柱を固定して、ビスでとめれば、
比較的楽に取り付けられると思います。

柱を4本とも、取り付けたら、天板の上部に取手として、40x27の材料を柱の端から端に取り付けます。
図面上では、寸法は360ですが、一度実際に寸法を測ってからカットしたほうが良いと思います。


取手を2本付けたら、最後は、底板にキャスター取付け用の寸3を固定し、キャスターを取り付けます。
(キャスターの大きさによっては、寸3を2本横に並べるなどの調節が必要かもしれません)
ワゴン図面_底板

これで、完成です。
どうでしょうか。
比較的、簡単にできそうではないですか。
是非、試してみてください。